雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他ネットニュースについて話題にします。





inside_logo


2019年4月30日にPlaydead's INSIDEのゆっくりゲーム実況動画を投稿しました。プレイしたのはiOS版で体験版までのプレイの様子を撮影しました。


公式サイト
https://playdead.com/games/inside/

iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/inside-game/id1201642309




INSIDEとは、デンマークのインディー系ゲーム開発スタジオPLAYDEADによって開発、販売された2.5Dパズルプラットフォーマーアドベンチャーゲームである。
2016年6月29日XBOXでリリースされ、WindowsOS版は7月7日に各プラットフォームで販売が開始された。PS4版は2016年8月23日に発売。

引用:INSIDE ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/inside

iOS版は2017年12月15日から配信されました。体験版は無料でプレイすることができます。続きをプレイするには840円の課金する必要があります。

ゆっくり実況動画の作成話とプレイした感想をつづります。



INSIDE LIMBO Double Pack (輸入版:北米) - PS4



説明のないモノクロ世界で少年はなにかを思う

このゲームは、なにをするべきか指示されることはありません。モノクロを基調とした世界で少年を操作します。謎の大人、犬、豚といった迫りくる危険をギミックを利用しながら回避したり、行き止まりの障害をクリアしていきます。

前作のLIMBOも同様のコンセプトです。私はプレイしたことがありませんでしたが、ふぅさんの実況動画を見ていました。


【LIMBO】悪意、謎、消えた妹、モノクロの世界【実況】第1話




そのため、LIMBOのクリエイターが作成したこのPlaydead's INSIDEもクオリティが保証されていると思いました。アプリをみつけてLIMBOのクリエイターが作成したと知ってすぐにインストールしました。

とても楽しかったです。ハラハラドキドキしました。

画面を暗くしていたので、足元のトラップに気づかないこともありました。ダークソウルをプレイするときは明るくしすぎないことを推奨されていますね。このゲームも暗い雰囲気を味わうために明るくしすぎない遊び方もよいのではないでしょうか。

様々な道具、送風機やロープを使う場面がありましたが、なんと人間を道具に使うこともありました。このゲームには狂気が含まれており、またこちらもそれにあてられ慣れてくる自分を感じました。


操作方法に関して説明はありませんが、なんとなくしていればわかります。これは持てそうだな。倒せそうと気づけたときうれしくなりました。


ゆっくり実況動画の作成には5時間程度かかりました。



今回の撮影時間は約30分です。撮影中に自分の発言を別どりでとっておきその発言をもとにしてこの場面ではこんなこと思ったなということを考えながら言葉を足していきました。
エンコードを1度してYoutubeにアップロードして音量のバランスを確認してから再投稿していますので、エンコードだけでも1時間かかっています。

生声実況はとても楽ですが、その瞬間に思ったことをしっかりはっきり話さなくてはならず取り直しができないので、安定したクオリティの動画を投稿されている方はすごいですね。

ぜひ、みてください。



【ゆっくり実況】Playdead's INSIDEモノクロを基調とした世界で少年はなにを思う【体験版】










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット