雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他ネットニュースについて話題にします。





121678

「AさせたいならBと言え」

岩下修 さんの本です。




子どもへ指示させ従わせるにはどうしたらいいかが書かれています。
注意するときについ、
「ちゃんとしなさい」「はやくしなさい」「ちゃんと座りなさい」

と言ってしまいがちですね。

こういった指示は子どもにとってちゃんととはどこまで何をすべきなのかがわかりません。

結果、指示されることにストレスを感じてしまいます。

そして、はじめは聞いていたかもしれませんが、いずれ崩れていくことになります。

  • 座り方の姿勢を指示する際には、「握りこぶし一個分すきまをあけなさい。」
  • リコーダーを強く吹きすぎる人には、シャボン玉をゆっくり膨らませるつもりでふきなさい。

また、目線を向けさせるときには、
「おへそをこちらに向けなさい」という風に具体的に指示するとそろいますね。


また、拍手を小さくたたかせるためには

雨の音のように拍手をしなさい。

 
と指示する話もありますね。


指示するときにはわかりやすく明確に!!






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット