雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他ネットニュースについて話題にします。





1025909










このようにユベントスが縦縞でなくなる可能性がでてきました。


私がJリーグのユニフォームのデザイン変更に関して思い出すのは


ヴィッセル神戸です。


2004年にヴィッセル神戸は白と黒の縦じまをやめました。


2005年から今のクリムゾンレッドを基調としたチームカラーを採用しています。


理由は楽天のチーム買収がきっかけです。


ヴィッセル神戸は累積赤字により経営破綻をし楽天が2003年にヴィッセル神戸を購入しました。


そして楽天はライブドアと競合した結果、プロ野球参入に成功し楽天ゴールデンイーグルスを2004年に設立しました。そしてチームカラーはクリムゾンレッドです。


楽天のブランド力強化のためおそらくチームカラーを統一したいと思惑があったと考えられます。

このヴィッセル神戸の変更に対してファンの意見は賛否大きくわかれました。


ヴィッセル神戸のチームカラー変更は経営破綻という経緯から逃れられないことだろうと思います。


しかし、ファンとしてはチームカラーは「そういうもの」

という認識だと思います。良い悪いではなくそういうものだから返るという判断は簡単に受け入れないことだと思います。しかし、ヴィッセル神戸の場合は楽天の要求はのまざるを得ないことだったと思います。



また、その後の楽天のヴィッセル神戸に対する育成年代への寮の充実や、最近のポドルスキ、イニエスタ、ビジャといった補強をすることでサポーターの増員を達成させていることは称賛に値することだと思います。


ですが、チームカラー変更は永遠に消えないわだかまりと残ります。

時が解決することだとは思いますがチームカラー変更は大きなことです。


わたしにとってもユベントスは好きなチームで縦縞でなくなることはさみしいです。

ですが、まだチームカラー変更とまではいっていないので、これが永続でない。また復刻しやすいことだと思うので、どういう風にファンは受け入れるのか様子を見たいと思います。










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット