雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他ネットニュースについて話題にします。





illustrain01-undoukai09
体育の日が秋にあるように学校で運動会・体育大会が9月、10月ごろに開催されてきました。
ですが、運動会を春にしている学校がふえています。春に行うことのメリットは新クラスが発足したばかりの時期にクラスがまとまるきっかけとなる行事があることで親睦することができるでしょう。

次に天候の問題です。猛暑が続く時期に運動会の練習を行えば熱中症など体調をくずす生徒が春よりも秋の方がうまれやすいと考えられます。

行事の重なりです。秋に文化発表会として、合唱を行う学校もあります。秋に大きな行事が集中しすぎているため分散する狙いもあるでしょう。

生徒の学校規律を早期に指導することができる。運動会を成功するために話を聞くべき時に聞かせ、全体の動きをそろえるため集団行動の訓練をします。学校規律を早期に指導し、学校の荒れを未然に防ぐ予防となれそうです。



このように、春にすることにはメリットがあります。従来どおりの秋にすることで凝ったダンス創作の準備を夏休みにとることもできます。
それぞれの地域特性にあわせ変更されて下さい。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット