雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、サイクリング、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他について話題にします。





IMG_4491

こんな言葉を聞いたことはありませんか?

怒られているうちが華

あなたのためを思っているから怒る

どうでもいい相手には何も言わない


本当にそうでしょうか?
私は疑問におもいます。
怒ることが相手のためになるのでしょうか?

これらの言葉をもとにして怒る自分を正当化しているように感じます。

怒られたときはなぜ怒られたのか理解できなかったが今振り返れば自分のためにしてくれていたんだなと思う。


なんて話は、怒られた人が聞き分けが良かったからです。

ましてや、一度は怒られたという行為によりまともに注意が入ってませんよね。

怒るのは、今。今変えてほしい、やめてほしいから起こり注意、指摘するはずです。それがその場で理解されていなければ怒るという行為に価値はないです。

怒るのではなく、なぜその行為、考え方が間違っているか丁寧に説明するべきです。ひとまず怒り、怖いからとりあえず従っておこうと思わせる行為はひとまず成立するかもしれませんが、繰り返しおきます。もしくは、怖いからやめとこうと真意まで伝わっているか疑問です。

私は怒るということは楽をしていると感じます。

苦労しても時間をかけて説明することが本当に相手のためを思う行為ではないでしょうか?


怒る側が怒られている側に対して華だと思えという態度ならば、怒る側の説明力は向上しません。また同じようなトラブルをまねくでしょう。

安易に怒るという行為に逃げるのではなく、何がどうダメなのか話し合って欲しいです。






mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット