雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、サイクリング、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他について話題にします。





180233


先ほど、投稿した記事にこのようなコメントが付きました。


  • 1. うーん
  • 2019年07月07日 18:49
  • なんの為に休み時間を10分程度取ってるのか生徒に教えない教師も教師ですが、自分の時代は教師から「学校は勉強だけじゃなく集団生活を学ぶ場」だと強く教えられてきました。

    休み時間のうちにトイレを済ます、水分補給は当たり前で、授業中に喉が乾くから飲むっていう今時?の考えに驚きを隠さずにはいられません。

    そういう好きな時に好きな事をする自分勝手な子供が大きくなって社会に出た時に、たまたま周りの環境に合えばいいんですけど、現状そういう人はやはり会社などでもつま弾きにされて、世間を賑わす事件を起こしたり度々見かけます。
コメントありがとうございました。
この「うーん」さんの主張もわかる部分がありますし、改めて私の主張を伝えたたいと思い、記事にします。

休み時間の使い方

学校での休み時間の使い方は単なる休憩。

ではないとされています。

次の授業のための準備時間であり、教室間の移動や生理現象、教科書の準備。などなどをする時間です。


その部分についてうーんさんと共通の認識です。


生理現象っていつくるの

この休み時間の間にトイレをすませ、のどがかわいているならば水分をとる。そして、授業に備える。ですが、授業中にそれでもトイレに行きたくなる。のどがかわいてしまう。こんな経験は必ずあると思います。

では、このような訴えをしてきたとき、休み時間にトイレをすませておくべきだ。と注意をしたとしてそれになんの教育効果があるのでしょうか。生理現象とは必ずしもコントロールしきれるものではないと考えます。

休み時間にすませておくべきだ。だからトイレにいくな。授業をきいていろ。このような指導をするのでしょうか。

これは、体罰に相当する案件だと思います。

私が言いたいのは休み時間の間に次の授業の準備をするのは当然ですが、のどがかわいてしまうことがあり、授業に集中できなくなる。トイレが我慢できなくなり、授業に集中できなくなる。

それならば許可しようという発想です。
不必要な指導の時間を減らし他の部分に指導時間を使うという発想です。
また、トイレに行くことがすきなことをすきなときにするという指摘に該当するのでしょうか。
トイレに行くことがすきなことなのでしょうか。私にはどうしても我慢できない状態でトイレに行くことがしょうがないことでしたくてしているとは思えません。行かざるを得ないからと思います。


生徒のどうしてもの訴えを認め、判断することが必要ではないでしょうか。






mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット