雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他ネットニュースについて話題にします。





20160305203129


ゲーム実況動画を撮影するときにゲーム音声とマイク音声を別でとるか重ねてとるかはメリット、デメリットそれぞれあります。

私は、メリットである、ゲーム音声とマイク音声のボリュームを後から調整できる、咳払いなどのノイズをゲーム音声とは別に編集できるという部分に魅力を感じて別どりをしようと試みました。

無料の配信ソフトのOpen Broadcaster Software(以後、OBS)をゲーム配信する際に利用しています。OBSは画面録画することも可能で、また別どりをすることもできるという多機能なソフトです。

しかし、いくらやっても別どりができません。

(´;ω;`)  泣


困っていたのですが、とうとう原因がわかりました。同じように悩んでいる人がいたら知ってほしいです。



生成ファイルは1つだけ

この動画でも紹介されているようにOBSを使えば別どりができます。

【上級者向け】OBS Studioで声とゲーム音をわけて録画する方法



この方法でいくらやっても生成されるファイルは1つです。私の勝手な想像ですが、音声のファイルと映像のファイルの2つ作られると思っていましたがそうではなく、


ええええええ

と思っていました。



ポイントは動画説明文にあるように、マルチトラックオーディオの編集できるソフトが限られていると!!!!


つまり、マルチトラックオーディオ???

※マルチトラックとは
ドラムやベース、ギター、ボーカルといったパートがすべて混ざった状態で録音されるので、録音した後に「ちょっとベースの音が小さいから上げたい」とか「サビのボーカル・パートだけもう1回録りなおしたい」ということはできません。そういうことをしたい場合は、それぞれのパートを個別に録音しておく「マルチトラック・レコーディング」という考え方が必要になってきます。
引用:マルチトラックという考え方
https://www.digimart.net/magazine/article/2015102001639.html



実は、1つのファイルで複数の音声がまとめられているのです。そのため、みため上一つのファイルでしたが、個別に音声収録を上記の設定を行えばできていました。


編集するにはどうしたらいい?

収録が成功していることはわかりましたが、実際に編集するにはどうしたらいいのでしょうか。ゲーム音声とマイク音声の別どりをし、編集する方法をまとめました。

Aviutlを使う場合

無料編集ソフトAviutlを使って音声ファイルを分ける方法を紹介しているブログを見つけました。

音声トラックをAviutlで分ける
https://kesigomon.hatenablog.jp/entry/2018/03/24/073043

ぜひ、試してください。

有料の編集ソフトを使う

Adobe Premiere Proは、マルチトラック編集ができることをアピールポイントにあげている編集ソフトです。これならば間違いなくマルチトラック編集ができます。

しかし、有料とあるように価格は約2万円します。価値を見出すかは人それぞれですね。


マイク音声収録ソフトを使う

OBSとは別に、マイク音声収録ソフトを使う方法があります。

【自分流】OBS Studioの録画・設定方法!! 音声の別撮り方法も!!【リクエスト動画】


Audacityという無料の音声収録ソフトを使うことによってマイク音声ファイルを別に生成されます。そのため、どんな編集ソフトでも個別に編集できます。


デメリットは、音合わせがめんどくさい。ということです。詳しくは上記の動画で

まとめ

OBSを使った音声の別どり方法ですが、よく調べれば、マルチトラックになることが書いてありました。しかし、私はよくわかっておらず1つのファイルしかできないことにひたすらパニックになっていました。


新しいことをはじめるときはよく調べること

ですね。このOBSについて困っている人がこの記事で解決されることを願っています。









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット