雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他ネットニュースについて話題にします。





Hb15G1zP_400x400





日本国内初のボイスチャット人狼ゲーム人狼殺の最新作

「人狼殺2」が7月11日~13日の12時まで先行体験リリースされ、13日の18時から全員に向けてアカウント登録解放されました。

このゲームをきっかけに多くのゲーム配信者が誕生し、適当にマッチングしたにもかかわらずプレイヤー9人のうち半数は配信者ということもよくありました。この配信者が多くなった理由は、配信しやすいアプリである点や、単純に楽しくのめりこめる要素が含まれているからだと思います。

アカウントは前作から引き継ぎはできず、プレイヤー名は重複できないため、配信者は前作と同様の名前のアカウントを作り配信に備えようとしました。



しかし・・・




配信者の名前先取

下記のように配信者の名前が先取されてしまうということが起きているようです。






前作とは違って新たな機能として名前検索によるフレンド申請ができるため名前というものはより重要ですし、もともと名前というものは配信者としてのウリですしその名前から自身のチャンネルページを検索されることもあるでしょう。その名前が使えなくなることは痛手かと思います。

配信者じゃなくても今まで使っていた名前が使えなくなったという人もおり、そのための処置として


  • 以前の名前に記号を付け加える




  • 愛称を使用する





  • 全く別の名前にする






このように対応されています。

また、リスナーが名前の件で良かれと思っている行動だと思いますが、疑問に感じるものもありました。


リスナーが名前の確保

リスナーが配信者の名前でアカウントを先に作っておくということをしている例を見つけました。



これは果たして素敵と割り切れることなのでしょうか。先ほどから述べているように配信者にとって名前は大事です。ですが、今回のように名前を確保したとして、アカウントはどうするのでしょうか。

この名前のアカウントをそのまま使うのだろうか。IDとパスワードはこのリスナーが知っており、パスワードは後から変更できません。もしこのリスナーが横流ししたらと思うとうかつにこのアカウントを使う気になりません。また、このアカウントで名前を変更して、別アカウントでしっかりと配信者名でアカウントを作るならば安全性は確保できますが、名前の変更には有料の課金アイテムが必要でその課金アイテムの負担はだれがするのでしょうか。配信者が納得し課金アイテムを購入するならばよいかと思いますが、リスナーに名前を確保させ、課金アイテムの負担までまかせるのであれば、リスナーの愛に甘えすぎだと思うのです。この方はどう対応したかはわかりませんが、その後がとても気になるところです。

まとめ

繰り返し述べますが、配信者にとって名前とはとても大事です。ですが、そのためにリスナーに甘えっぱなしになってしまうのはどうかと思いますし、名前はとられたことはネタとして笑い話に消化し心機一転することがベストではないでしょうか。

また、リスナーによる名前確保をお願いする場合は、機密を維持するための後という手立てを用意据えるべきかと思います。


ちなみに




このように名前を確保しました。小文字、大文字のsに関しても対策しまして他人に名前を使われないようにしました。どんな名前でプレイするかは決めていません。そのまま、ノラで行くかはたまた全く別か・・・

一緒にプレイするときはよろしくお願いします。











このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット