雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他ネットニュースについて話題にします。





4921

【東洋経済】『学校教育では「本当にデキる」人間は育たない』に対して意見という記事に対してコメントをいただきました。ありがとうございます。


  • 1. ゆずたろう
  • 2019年07月18日 07:25
  • ‪この記事は義務教育期間を指しているのでしょうか?個性を伸ばす場を学校に括った方が子供は伸びないと思います。みんな平等であれとは思いません。すごい才能の芽があれば伸ばすのが正しいのでしょう。でもそれは自分を含め万人にはありません。そして後は…ノラさんに同意です。‬
    東洋経済新聞が学校教育では「本当にデキる」人間は育たない』とありがますが、この学校とはどの機関のことを指すのか?とゆずたろうさんが疑問をもったようですね。




    学校という言葉はどんな意味をもつでしょうか。

    広い意味では,一定の目的をもって,定まった場所において,教師 (教育者) が児童,生徒,学生など (被教育者) に対し,一定の教材 (知識,技術など) を用いて,組織的,計画的に,また継続的に,教育を行う施設をいう。

    学校とは コトバンク
    https://kotobank.jp/word/学校-45158

    このコトバンクで示されている定義では、学校という言葉の意味がとても広すぎると感じました。

    学校教育法では、学校の種類は小学校,中学校,高等学校,中等教育学校,大学,高等専門学校,特別支援学校および幼稚園と定められています。これらを1条校ともいわれます。

    保育園は文部科学省の管轄ではなく、厚生労働省になるため、1条校には含まれません。


    他にも、専修学校やインターナショナルスクールまでもあり、これらも1条校に含まれません。

    皆さん当然わかっているかとおもいますが、ずっと小学校にいるわけではなく、成長に応じて共に中学校へ、そして各種進学など進路をとります。

    各学校によって、育成したい目的は異なります。基礎なのか、それとも応用化学についてなのか・・・


    学校はこんなところだ!!!と一概に語るのは非常にきついと思います。

    ゆずたろうさんの指摘のように、学校について語るならば義務教育では・・・といったように期間を限定して語るべきではないでしょうか。それでもまだ、地域によって学校でとりくむ内容に共通の部分と独自のものが存在します。
    学校について語る場合は、語り部の体験をもとにされますが、それだけでなく複数の学校の実態にもとづいて語るべきだと考えます。









    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    コメント

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット