雑記なノラ

『まるまるなノラ』による雑記ブログです。 趣味(スポーツ観戦、ツーリング、人狼ゲームなど)、科学、教育、その他ネットニュースについて話題にします。






d947f93afa8060b727b256cdeb764369_s



2019年8月6日のBuzzFeedNewsにて「日韓関係を諦めたくない」両国のTwitterユーザーがハッシュタグに込めた思い。として記事が投稿されている。


日韓関係が冷え込む中、Twitter上で「好きです韓国」「好きです日本」という意味のハッシュタグが広まり、#諦めないで_韓日交流 というハッシュタグも登場している。

日韓関係が冷え込む中、Twitter上で、日韓のユーザーがお互いの国の好きなところや、旅行した際に道案内などで助けてもらったエピソードを書きこむハッシュタグが広まっている。

ハッシュタグ、#좋아요_한국 (チョアヨ ハングク)は、韓国語で「#好きです_韓国」という意味。そしてそれに返答する形で、韓国のTwitterユーザーが作ったのが#좋아요_일본 (チョアヨ イルボン) で「#好きです_日本」という意味だ。

両国のTwitterユーザーは、日本語や韓国語、英語で思いを綴っている。韓国語でのハッシュタグに続き、日本語でのハッシュタグもでき、2つのハッシュタグに加え #諦めないで_韓日交流というハッシュタグも登場した。

BuzzFeed Newsはハッシュタグの発案者や、それを使ってエピソードを紹介した日韓のユーザーに話を聞いた。




日韓のユーザーがお互いの国の好きなところや旅行した際に助けてもらったエピソードを書き込むハッシュタグとして「好きです韓国」が広まっているということをまとめた記事です。


私は、この活動によって日韓で互いの価値について確認して、友愛について考えることはとても素晴らしいことだと思います。


隣人というのは、他の人よりも良い面・悪い面の両方が見えやすいです。その隣人と仲良くできるのであれば、それはもしかしたら人類皆と仲良くできるということなのかもしれません。

ことわざにも「汝の隣人を愛せよ」

意味は
自分自身のことだけ考えずに、まわりの人々にも愛情を持って接しなさいということ。




とあります。

そして、「汝の隣人を愛せよ」という言葉について、イエス・キリストの言葉を用いて考えているブログもありました。





日本にとって隣人(隣国)である韓国とは、どうしても地理的に仲良くしがたい面もあるのかなと考えさせられる。昨今。こうして、それをはねのけようとしている様は見られました。

ただ、この流行を報じるにあたって、私はこの記事には物足りなさを感じました。



嫌いです韓国

Twitterでは好きです韓国と同時に「嫌いです韓国」というハッシュタグも流行しています。













お互いに仲良くなる方法は

良いところを認め合い、悪いところは目をつぶる

では、ありません。


悪いところは指摘し、高めあう関係こそが真の仲の良さなのではないでしょうか。


このBuzzFeedNewsで好きです韓国にスポットをおいて記事にしたのかもしれませんが、「嫌いです韓国」のTwitterトレンド入りは決して無視すべきではなかったのではないでしょうか。


これでは、韓国好きに誘導しようとしている偏向報道だと指摘されても不思議ではないと思います。


韓国を好きになろうという前提のもと議論するのではなく、まずはお互いを知る。そしてどう判断するかは個人の自由です。知ったうえで嫌いになったのならば、うまく付き合うことに切り替えるということも大切です。








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット