人狼殺速報なノラ(じんろうさつそくほうなのら)とは
人狼ゲームアプリにはまった管理人のブログ
人狼殺、人狼スポーツを中心に人狼ゲーム速報まとめを投稿。
内容はおすすめ動画、プレイヤー紹介、5chまとめ、ツイッターまとめなどをお届けします。

映画紹介



1: 【B:109 W:56 H:88 (G cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/04(水) 11:39:05.72 ID:CAP_USER
『人狼(インラン)』がSFアニメ界の巨匠、オシイ・マモル(押井守)監督の原作をどのように新たに描き出すのか好奇心を高めている。

映画『人狼(インラン)』は、南北韓(南北朝鮮)が統一準備5か年計画を宣言した後、反統一テロ団体が登場する混沌の2029年、警察組織の『特機隊(トゥクギテ)』と情報機関である『公安部(コンアンブ)』を中心にした絶対権力機関の息詰まる対決の中、ヌクテ(オオカミ)と呼ばれる人間兵器『人狼(インラン)』の活躍を描いた作品。

(写真)
http://cdn.newsen.com/newsen/news_photo/2018/07/03/201807030814081910_1.jpg
http://cdn.newsen.com/newsen/news_photo/2018/07/03/201807030814081910_2.jpg

『空殻機動隊』の巨匠、オシイ・マモル監督原作の1999年版アニメーション『人狼(インラン)』は、全世界のマニアの熱狂の中でSFアニメーションの古典として残った。彼自身が実写化を念頭に置いてオキウラ・ヒロユキ(沖浦啓之)監督演出のアニメーションを製作したが、遂に映画化する事はできなかった『人狼(インラン)』。今でも広く語られるSFアニメーションの伝説『人狼(インラン)』は、『パンチクワン(反則王)』や『ノムノムノム(グッド・バッド・ウィアード)』のファンだった事を明らかにしたオシイ・マモル監督の支持と同意で、無限の信頼の中でキム・ジウン監督に会って映画化する事になった。

常に新しいジャンルとスタイル、個性溢れるキャラクター、面白さで観客の心を捕らえたキム・ジウン監督は、「“人狼(インラン)”は近付けない深い世界観と独自のムードを持ったアニメーションだった。私を揺さぶる決定的な場面があり、それが戦慄を与えた」とし、『人狼(インラン)』の実写化を決定したきっかけを伝えた。

人間とヌクテ(オオカミ)が共存するタイトル『人狼(インラン)』から見当がつくように、第二次世界大戦敗戦後の暗鬱とした仮想の過去を扱ったアニメーションという奥深いテーマを盛り込んだ原作アニメーションとは違い、映画は2029年、近未来の南北韓(南北朝鮮)が統一準備5か年計画を宣言した後、予想もできない混沌に陥った朝鮮半島を背景にする。

『人狼(インラン)』の映画化はキム・ジウン監督自らも、「無謀そのものだった。そのような無謀が新たな挑戦に対する魅力になり、その魅力をエネルギーに“人狼(インラン)”の映画化という長い旅程を導いて行った」と明らかにするほど容易ではない作業だった。ティーザーポスター公開当時に話題になった特機隊員の強化服のデザインから、セクトのアジトであり映画の主要背景である地下水にまで。想像力が指先で表現できるアニメーションとは違い、全てが実写の世界で構築されなければならない『人狼(インラン)』は、黙示録的SFだった原作の象徴的イメージを維持したままキム・ジウン監督特有のミジャンセンとスタイル、演出力で再創造された。SFジャンルの魅力だけでなく、権力機関間の息詰まる対決の中で開かれる強化服、カーチェイス、銃器、素手でのアクションまで、観客の脳裏に長く記憶される強烈なアクションも披露する予定である。
(少し略)

韓国の観客だけでなく、日本と海外の原作アニメーションファンにも熱い反応を得ている『人狼(インラン)』は、来る7月25日から公開される。

ソース:ニュースエン(韓国語)
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201807030814081910


https://www.youtube.com/watch?v=5T5RJ4xsrIo





続きを読む
mixiチェック


押井守監督が原作・脚本を手がけた劇場アニメ「人狼 JIN-ROH」が韓国で実写映画化され、「人狼(原題)」のタイトルで7月末に韓国公開される。

2000年に製作・公開された「人狼 JIN-ROH」は、押井監督が実写映画として手がけた1987年の「紅い眼鏡」や、91年の「ケルベロス 地獄の番犬」などの流れをくむ、「ケルベロス・サーガ」の一翼を担う作品。95年に公開された劇場アニメ「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」のスタッフ陣が再集結し、監督とキャラクターデザインを沖浦啓之、アニメーション制作をProduction I.Gが担当した。

原作は第2次世界大戦の敗北から十数年を経た日本を描いた物語だが、実写映画「人狼」は近未来の韓国を舞台に展開。南北の政府が統一を宣言し、統一に反対するテロ団体が台頭する世界で、テロを制圧するために設立された特機隊や国家情報機関公安部の暗闘と、ウルフと呼ばれる人間兵器“人狼”の活躍を描く。

引用
押井守原作「人狼 JIN-ROH」が韓国で実写映画化 南北統一が宣言された近未来の韓国が舞台









続きを読む
mixiチェック

↑このページのトップヘ

.